アフリカゾウとアジアゾウの違いとは

アフリカゾウとアジアゾウの違いとは

アフリカゾウは、アフリカのサバンナや森林に生息しています。アフリカゾウは世界最大の陸上生物として知られ、分厚い皮膚に多くのしわ、大きな耳、太く長大な牙が特徴的です。牙は木の根などを食べるために土を掘る際に用いられます。

 

アフリカゾウの形態

  • 体長6 - 7.5メートル
  • 尾長1 - 1.3メートル
  • 肩高3 - 3.9メートル
  • 最大体重10,000s

 

 

アフリカゾウとアジアゾウはどう違う

アジアの日本では、アフリカゾウよりもアジアゾウのほうが身近な存在ですね。日本に野生として生息はしていませんが、動物園ではよく見ます。アフリカゾウとアジアゾウというのは同じゾウであっても、見比べてみると色々違いがあることがわかります。

 

体格

まずアフリカゾウはこれらのゾウと比較して、全体的に大きいです。アフリカゾウは陸上生物最大の動物です。

 

耳の大きさ

ゾウの最大の特徴といえば大きな耳ですが、アフリカゾウのそれはほかのゾウより大きめです。

 

蹄の数

アフリカゾウの蹄の数が前足4つ、後ろ足3つなのに対し、アジアゾウは前足5つ、後ろ足4つです。

 

背中の形

アフリカゾウは背中がへこんでいて、アジアゾウは丸みを帯びています。

 

頭の形

アフリカゾウは頭の形が平らですが、アジアゾウは頭に二つのこぶがあります。

 

アフリカゾウは雄雌双方に大きな牙がありますが、アジアゾウは牙が非常に小さいかありません。

<スポンサーリンク>
page top