アフリカ文学の特徴とは?

アフリカ文学の特徴とは?

一般的にアフリカ文学と呼ばれるものは、サハラ砂漠以南の作家によるものを指します。アフリカの歴史を知る上で、アフリカ文学を知ること大いに役立つはずです。その歴史的経緯から、植民地主義や人種差別問題を主題とした作品が多いです。

 

アフリカ文学の言語

アフリカ文学は、各地の民族語の他、植民地時代広まったヨーロッパ言語で書かれた作品も多いです。精神の非植民地化を促進させるとして、ヨーロッパ言語で書かれる文学に批判的で、母語のみでの執筆活動にこだわる作家も珍しくありません。

 

しかしアフリカ諸国の識字率は、ヨーロッパやアジアに比べるとかなり低く、作家の育成、文学普及の壁になっています。貧しさから学校に行けず、読み書きができない子供たちがたくさんいるのです。

<スポンサーリンク>
page top