アフリカにおける内戦・紛争の原因とは

アフリカにおける内戦・紛争の原因とは

アフリカでは民族や宗教対立を火種とした内戦・紛争が、独立後絶えず続いており、毎年多くの死者を出しています。戦闘による直接的な死者はもちろんのこと、内戦により加速する貧困、飢餓などで亡くなる人々がたくさんいます。

 

なぜ内戦の原因となる民族や宗教対立が絶えないのか。歴史的な要因を探れば、必ず1世紀以上にもわたるヨーロッパ諸国の植民地支配にたどり着きます。

 

ヨーロッパによるアフリカ分割がもたらしたもの

19世紀、資源獲得や国威発揚の為に、ヨーロッパ諸国はこぞってアフリカへ進出。ほぼアフリカ全土はたった7か国の国々に分割支配してしまいました。

 

その結果様々な民族や宗教が混在・分断されました。中途半端に植民地時代を終えたものだから、独立後も国民がまとまらず、民族・宗教間の対立による内戦や紛争が絶えない状態になったのです。

<スポンサーリンク>
page top