アフリカでは100万人の子供が栄養失調:原因は?

アフリカでは100万人の子供が栄養失調:原因は?

アフリカには元々気候的要因で農業生産性があまり良くなく、食料が豊富でありません。

 

そこにさらに経済成長の伴わない人口急増ともなれば、食料の供給が追い付かず、慢性的な飢餓状態に陥ってしまう、というのは目に見えています。

 

 

アフリカには100万人の栄養失調

アフリカでは特に、育ちざかりの子供の栄養失調が深刻な問題となっています。成長に必要なタンパク質や、免疫力をつけるビタミンAなどの栄養が圧倒的に足りておらず、病気にかかりやすくなっています。

 

アフリカでは5人に1人が5歳未満で何らかの病気で亡くなっています。アフリカの平均寿命が40歳そこそこと大変短いのは、他のどの地域よりも毎年多くの子供が亡くなり、平均寿命を押し下げている為なのです。

 

2016年、アフリカでは連続する干ばつとエルーニョ現象の影響で、100万人の子供たちが重度の栄養失調にかかっていると、国連児童基金(ユニセフ)が発表しました。国際社会の人道支援が不可欠な状態です。

<スポンサーリンク>
page top